2009年06月21日

169回定期終了しました

6月14日、川響の169回定期演奏会がエポックなかはら大ホールで行われました。
梅雨入りしてすぐの日曜日、日頃の行いがよいのか頑張って練習した成果か(笑)
青空とはいきませんでしたが、お天気も何とかもってくれました。
IMG_0613.JPG
カルメンは「第一幕の前奏曲」の爽快なメロディーで始まり、「ハバネラ」のトランペット、「アラゴネーズ」のタンバリン、「間奏曲」のフルートとそれぞれの場面を盛り上げる音楽が続いていきます。そして最終曲「ジプシーの踊り」ではこれでもか〜!と言わんばかりにどんどん曲が速くなりました。情熱的なダンスの感じが少しでも伝わってくれたら幸いです。

そして本日のお客様のほとんどはこれがお目当てでいらっしゃったと思います。
NHK交響楽団コントラバシスト市川雅典さんの登場です。IMG_0628.JPG
クーセヴィッキーの「コントラバス協奏曲」。お客様のほとんどは初めてコントラバスの協奏曲をお聴きになったことでしょう。
最初のカデンツァからお客様もオケもすっかり市川さんの世界に吸い込まれてしまいました。
普段はオケの『縁の下の力持ち』、楽器は大きく目立ちますが演奏の中で注目されることは少ないコントラバスという楽器の魅力を市川さんに教えていただくことができました。

あんなに素敵な音色だったなんて皆さんしらなかったでしょ?

そしてそして本当のメイン(笑)シベリウスの交響曲第一番。
技巧的な部分やフクザツなリズムに囚われていた団員に指揮者の三原さんはフィンランドの風土や思考などシベリウスが表現したかったことを私たちがイメージできるよう、ことある毎にお話してくださいました。そのお話はとても新鮮で、また頑張って練習しようという気持ちにさせてくれました。
『森と湖の国』フィンランドの風が演奏の中から少しでもお客様に届いていたら・・・と祈るばかりです。

鳴りやまない拍手にお答えしてアンコールは同じくシベリウスの「フィンランディア」

この曲は人気の高い曲でオケではよく演奏され、団員の中でも演奏経験が多い曲ですが、あんなに速かったのは初めてでした・・・お客様からは「ブラボー」いただきましたが、きっとあれは最速のフィンランディアについていけた事に関していただけたと団員誰もが思っていることでしょう・・・。

そんなこんなで無事に(無事だったのか??)今回も終了いたしました。
いつもいらしていただくお客様、また今回初めて川響を聴いていただいたお客様、ご来場ありがとうございました。
これからも川響を宜しくお願いします。

そして次の日(15日)からまた練習の始まります。

posted by admin at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月05日

至福の2時間(今夜の王子ホール)

本日、今回定期のソリスト市川さんのソロリサイタルへ行ってきました!イベント
客席はほぼ満員で、その中には川響メンバーも数多く聴衆として来ていました
今回は、ピアノ伴奏のソロ曲だけでなく
世界的チェリストである上村昇さんとのDuoもあり、あっという間の2時間でした
今日のリサイタルを聴いた感想として、
「普段聞き慣れているはずのコントラバスにこんな魅力があったとは・・・」
今回定期で協演していただける喜びを再確認しました
今から本番がとても楽しみです!!
※余談ですが※
王子ホールって、北区王子にあると思ってた人結構いるんじゃないかな?
銀座のど真ん中にあるとてもいいホールでした手(パー)
posted by admin at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記