2010年07月15日

初めてのソロ合わせ&おもしろミュート

ブログリレー、トップバッターのヴァイオリンから早速『手ぬぐい』が回ってきました、ヴィオラのMです。

次回の定期演奏会では「田園」の他に、エルガーのチェロ協奏曲も演奏します。
6/28は、ソリストの渡邊方子さんをお迎えして初めてのSolo合わせでした。

今まで何度も練習をしてきたはずの曲ですが、Soloが入るとまた感じが随分変わって
テンポのとりかたや音色や弾き方など、非常に勉強になりました!
今まで以上に耳と目を研ぎ澄まさなければ、と思いました。

それにしても、渡邊さんのチェロのなんて素晴らしいこと…★(ノ´∀`*) 
梅雨のじめじめとした空気も吹き飛ばし、空へと抜けるような透き通った音でした。
美しい音色を間近(まさに特等席!)で聴くことが出来て、
私…夏バテもすっかり治ってしまいました(^^ゞ

今日は、渡邊さんの演奏にも注目したいし、指揮も見たいし、
楽譜も見たいしで大忙し!ですが大変充実した練習でした。

エルガーのチェロ協奏曲は、弾く度にその魅力が増してきます。
シリアスで冷たい雰囲気かと思えば、深く温かい音で安心感に包み込まれたり、
ジェットコースターのようにくるくると表情やテンポが変化していくところは耳も目も釘付け^^;;
弦楽器はミュート(弱音器)をつけてSoloに静かに寄り添うような場面も。
本当に色彩豊かな曲ですので、9月5日の演奏会ではお客様にも様々な【音の色】を見つけていただけることと思います。
ところで、さきほどミュート(弱音器)という言葉が出てきましたが、
弦楽器のミュートってこんなのです。(違う形もありますが、私はこれを使って
います。)

 
こうやって駒にかぶせて弾くと、少し篭ったような音になります。
そして以前、変わったミュートを知人からいただきました^^↓↓
 

『マウストロ』っていうらしいです!最近はこんな可愛いのがあるんですね☆
実はまだ1度も使ってないのですが…近々デビューさせてみようかな。


(Viola・M)

posted by admin at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 手ぬぐい回し