2012年04月17日

いよいよ今週末

ÅıàÅÔ≫ÔÈÇ.jpg" target="_blank">コピーライトマークÅıàÅÔ≫ÔÈÇ.jpg" alt="読売新聞24.4.13朝刊田園都市版.jpg" width="150" height="112" border="0" hspace="5" align="left" />21日が60周年記念演奏会の本番です。

13日の読売新聞朝刊(写真)と本日の朝日新聞にも練習風景の写真と共に60周年の記事が掲載されました。

「アマオケの草分け」

「一体感強み」

何というか記事を読んでいるとドキドキとやるぞーという気持ちと大丈夫かなという不安と自分達のことをこんな風に書いてもらってという照れと・・・ごちゃまぜです。

あとはやるだけ、です〜。
posted by admin at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月24日

神田さんとソロあわせ

P1300695.JPGP1300694.JPG20日は次回の演奏会でソリストを務めていただく、N響神田寛明さんとの2回目のソロ合わせでした。
 前回よりオーケストラもリラックスした音だったように感じられて、終始和やかなムードで行われました。オケは神田さんが繰り出す絶妙な"間"に、まだ反応しきれない様子でしたがその練習にも熱心に付き合ってくださいました。回を重ねる毎にまとまりが感じられるようになってきました。
練習後に神田さんとお話していましたら都内で打ち合わせのあと車を飛ばしていらして、夕飯を食べ損ねてしまったとのこと…お忙しいなか本当にありがとうございました。
次回のソロ合わせは3月末に予定されています。またよろしくお願いいたします。オケの皆さんも頑張りましょう!!
(フルートY)
posted by admin at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月03日

ソリスト合わせ2

P9260599.JPGP9260598.JPG
写真載せ忘れました〜

posted by admin at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ソリスト合わせ

先週の練習は「リュッケルトによる5つの歌」のソリスト、平井香織さんとの初合わせでした。

 

平井さん、チラシの写真を拝見しきれいな方だなぁと思っていましたが本物はそれ以上に美しい方でした!

 

そして透明感のある豊かな歌声・・・心が洗われるようでした。三原先生がイチオシな理由がわかります。

 

それに比べてオーケストラは、もっと歌を聴いて合わせないといけないです(汗)

 

特に5曲目、管打楽器のみになる曲は拍子が変化するのに惑わされ、まだまだという感じです。

 

本番まで1ヶ月きっていますが、ぎりぎりまで頑張ります!

 

是非、10/23は平井さんを見に、聴きにいらしてくださいね!

 


 
posted by admin at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月03日

むかしむかし・・・

むかしむかし・・・


「むかしむかし、ある国にジークフリートという王子がいました。父の王様はすでに亡くなっていて、母の王妃と山の上の城に住んでいました。城の回りにはひろい森が広がり、その向こうの山あいに黒い湖が鈍く光って見えました。うわさでは、その湖には美しい白烏たちが住んでいるということでした。ある日、ジークフリートは成人となる誕生日を迎えました・・・」

 
 このお話は何の物語の始まりか,ピンと来ますでしょうか。
 ジークフリートさんは,ワーグナーをはじめ,クラシックの古典にいたるところで登場する名前ですが,この物語は,チャイコフスキーの「白鳥の湖」の冒頭部分です。
 悲恋というのは,どうしてこう心を打つのでしょう。この曲,「刻み」やアルペジオの連続が,果てしなく続く部分が多いのですが,演奏してみると,悲しい恋のやるせなさと重なって激しく心を揺さぶります。
 曲はこうした曲だけではなくて,華やかな王宮の場面やコミカルな情景など,典雅で趣味のよいチャイコフスキーの感性が,いたるところにちりばめられた絵巻のような音楽の物語です。
 今回,4月11日の171回定期演奏会では,こうした曲から10曲を選んでナレーションつきで演奏します。良く聴く組曲版とはちがった物語としての白鳥の湖をお楽しみいただけると思います。
 川響の得意なレパートリー「交響曲第5番」も熱いです。     (DR)
posted by admin at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月18日

かわさきFMに出ます

先日かわさきFMの収録へ行ってきました
日曜9:00〜10:00セレクトかわさき
この番組の1コーナーにて、川崎のアマチュアオーケストラや音大を
毎月1度取り上げるとのこと!

川響は歴史が古いので、1番最初に取り上げますとのことるんるん

行ったのは、高校の先輩後輩に当たる広報担当のH氏とHP担当の私
当日は、かわさきFMのスタジオのある武蔵小杉(詳しくは下記参照)

http://www.kawasakifm.co.jp/index.html

迎えてくれたのが、この番組のパーソナリティの小西さん
勉強のために、先週の放送を聞いてから行ったのですが
声もすてきなんですが、実際はもっとすてきな方でしたよ

で、何を話したかは放送を参考にしてもらうとして・・・
やはり、緊張しましたよ〜
何がって、久々に変な汗かきまくりでした
「間違えても、言い直してもらえれば編集しますよ」
とのことだったのですが、一度話すとそうは止まりません・・・

撃沈!

てな感じでしたが、ぜひとも聞いてください
あ、私多摩区での電波状況ですが車ならちゃんと聞けますよ!
明日は、家族で車で聞くとしましょう!

放送日は、明日ですよ〜
7/19 9:25頃からみたいです

明日の朝9時は79.1MHzへチュ〜ンです

posted by admin at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

169回定期終了しました

6月14日、川響の169回定期演奏会がエポックなかはら大ホールで行われました。
梅雨入りしてすぐの日曜日、日頃の行いがよいのか頑張って練習した成果か(笑)
青空とはいきませんでしたが、お天気も何とかもってくれました。
IMG_0613.JPG
カルメンは「第一幕の前奏曲」の爽快なメロディーで始まり、「ハバネラ」のトランペット、「アラゴネーズ」のタンバリン、「間奏曲」のフルートとそれぞれの場面を盛り上げる音楽が続いていきます。そして最終曲「ジプシーの踊り」ではこれでもか〜!と言わんばかりにどんどん曲が速くなりました。情熱的なダンスの感じが少しでも伝わってくれたら幸いです。

そして本日のお客様のほとんどはこれがお目当てでいらっしゃったと思います。
NHK交響楽団コントラバシスト市川雅典さんの登場です。IMG_0628.JPG
クーセヴィッキーの「コントラバス協奏曲」。お客様のほとんどは初めてコントラバスの協奏曲をお聴きになったことでしょう。
最初のカデンツァからお客様もオケもすっかり市川さんの世界に吸い込まれてしまいました。
普段はオケの『縁の下の力持ち』、楽器は大きく目立ちますが演奏の中で注目されることは少ないコントラバスという楽器の魅力を市川さんに教えていただくことができました。

あんなに素敵な音色だったなんて皆さんしらなかったでしょ?

そしてそして本当のメイン(笑)シベリウスの交響曲第一番。
技巧的な部分やフクザツなリズムに囚われていた団員に指揮者の三原さんはフィンランドの風土や思考などシベリウスが表現したかったことを私たちがイメージできるよう、ことある毎にお話してくださいました。そのお話はとても新鮮で、また頑張って練習しようという気持ちにさせてくれました。
『森と湖の国』フィンランドの風が演奏の中から少しでもお客様に届いていたら・・・と祈るばかりです。

鳴りやまない拍手にお答えしてアンコールは同じくシベリウスの「フィンランディア」

この曲は人気の高い曲でオケではよく演奏され、団員の中でも演奏経験が多い曲ですが、あんなに速かったのは初めてでした・・・お客様からは「ブラボー」いただきましたが、きっとあれは最速のフィンランディアについていけた事に関していただけたと団員誰もが思っていることでしょう・・・。

そんなこんなで無事に(無事だったのか??)今回も終了いたしました。
いつもいらしていただくお客様、また今回初めて川響を聴いていただいたお客様、ご来場ありがとうございました。
これからも川響を宜しくお願いします。

そして次の日(15日)からまた練習の始まります。

posted by admin at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月05日

至福の2時間(今夜の王子ホール)

本日、今回定期のソリスト市川さんのソロリサイタルへ行ってきました!イベント
客席はほぼ満員で、その中には川響メンバーも数多く聴衆として来ていました
今回は、ピアノ伴奏のソロ曲だけでなく
世界的チェリストである上村昇さんとのDuoもあり、あっという間の2時間でした
今日のリサイタルを聴いた感想として、
「普段聞き慣れているはずのコントラバスにこんな魅力があったとは・・・」
今回定期で協演していただける喜びを再確認しました
今から本番がとても楽しみです!!
※余談ですが※
王子ホールって、北区王子にあると思ってた人結構いるんじゃないかな?
銀座のど真ん中にあるとてもいいホールでした手(パー)
posted by admin at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月30日

ラジオたまじん

「ラジオたまじん」で今回のソリスト市川雅典さんのインタビューが聞けます。

【コントラバスの魅力を伝える
 NHK交響楽団 市川雅典さん】

http://www.tamajin.jp/column/akiyama/

「たまじん(多摩人)」とは川崎市多摩区・麻生区周辺の情報季刊誌です。
無料なのに読み応え十分、私もかなりお世話になっています。
多摩人のサイトである「でじたるたまじん」の中にあるインターネットラジオが
「ラジオたまじん」です。元TVKアナウンサー、現在フリーで活躍中の秋山
雅子さんがパーソナリティーをなさっています。

秋山さんには川響が50周年の記念公演の時に司会をお願いしました。
50周年が2002年だったので、考えてみるともう今年は57年目。
60周年もあっという間に来そうです。
posted by admin at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月29日

同い年

古い十円玉見つけました。
IMG_1398_R.JPG
川響が発足した昭和27年の十円
周りがギザギザしている,ギザ10です。


鳳凰堂もすり減っていて,いい感じです。

IMG_1400_R.JPG
手に持つと,ちょっと薄い。

IMG_1401_R.JPG
今まで,何処をどう巡ってきたのでしょうか,この十円。


まだ,現役で流通してるって,ちょっとすごいですね。

川響みたい?
posted by admin at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月27日

強化練習&通常総会

5月24日は川響にしては珍しく日曜日に強化練習でした。
カルメンは結構手こずって時間オーバー。交響曲はだいぶ形になってきた印象を受けました。
指揮者の三原さんからは練習中にフィンランドのオーケストラ事情が話されみんな興味深げに
耳を傾けていました。

練習後は平成20年度通常総会。
やはり毎年話題になるのは新入団員の確保と来場者数の伸び悩み。
もう少し会場がにぎわうよう団員ひとりひとりが努力をしよう、見学者には積極的に声をかけて
いこうと確認し、総会は終了。

あと練習は2回です。頑張らねば〜♪
posted by admin at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月28日

ソリスト合わせ

IMG_0409.JPG昨日はついについにN響コントラバシスト市川雅典さんとのソロ合わせでした。

市川さんの音色に皆さん聞き惚れてオケは終始遅れ気味(笑)

しかしコントラバス演奏ってすごく大変そうです。弦の下のほうを弾くときには特
に・・・。

とても貴重な一時間でした。

次回は連休あけの5月11日。それまでに団員も個人練習しなくては。
posted by admin at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月08日

協奏曲いろいろ@

今回の定期演奏会では「コントラバス協奏曲」が演奏されます。
オーケストラではヴァイオリンやピアノの協奏曲が演奏されることが多いですね。
弦楽器の中でもヴィオラとコントラバスの協奏曲はなかなか聞くチャンスに恵まれな
いのではないでしょうか。

調べてみたところ、コントラバスの協奏曲は思ったより多く、ハイドンや同時期の古
典派の作曲家であるヴァンハルやディッタースドルフも作品を残しています。しかし
ハイドンの協奏曲は楽譜の所在が明らかになっていないとのこと。見つかったら演奏
される機会も多くなるかもしれませんね。
川響で演奏されるのは指揮者として名高い「クーセヴィッキー」の曲で、クーセ
ヴィッキー自身がコントラバシストだったそうです。

コントラバスの協奏曲作品が少ない理由のひとつとして「音の強さの限界」がありま
す。
今はまだソリストがいないので普通の音量で練習していますが、伴奏であるオーケス
トラはかなり押さえて演奏することを心がけないといけないようです。
posted by admin at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月03日

「水」の3楽章

今日は協奏曲と交響曲3,4楽章の譜読みでした。



交響曲の3楽章。

この楽章の弦楽器は「水」なんだそうです。

弦楽器全体の響きのバランスを整えれば水の様子が浮かんでくるとのこと。



そして4つの弦すべてをはじくという荒業が。

弦楽器ってただでさえ音符も多くて大変そうなのに、シベリウスは輪をかけて大変。

まだ譜読みなのにすごく熱のこもった練習でした。
posted by admin at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月31日

アンケート

IMG_0773.JPGお客様からアンケートをたくさん書いていただきました。

今回はロビーコンサートで団員が身近に感じられたというご意見が多数寄せられまし
た。

また、交響曲の3楽章が好評でした。



アンケートを読むと演奏の事だけでなく、様々な観点から川響を見つめていただいて
いるのがよくわかります。



いつもありがとうございます。
posted by admin at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月26日

定期演奏会終了しました。そして今日から

IMG_0181.JPGIMG_0286.JPGたくさんのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。

寒い中、開場前からお並びいただき、毎回ありがたい限りです。また、11月の記念行
事で演奏させていただいた渡田小学校の生徒さんもいらっしゃっていました。

木管5重奏のロビーコンサート、お客様からもとても好評でした。

オケも本番。すさまじいテンポの「謝肉祭」序曲から始まり、モーツァルト、交響曲
8番とあっという間の2時間。

今回も団員一人ひとりが精一杯、輝いていた演奏会だったと感じます。



そして今日から169回の練習です。ひぇぇぇ。
posted by admin at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月25日

渡田小学校80周年記念演奏

渡田小演奏11月22日(土)、川崎市立渡田小学校の80周年記念式典に招待され、わが川響
が演奏してきました。
川響は今年56歳ですが、渡田小はもっともっと先輩の80歳。すごいですね!
本番は1階の体育館ですがリハは3階の音楽室。打楽器はじめ大型楽器は移動に一苦
労。
そして身長120cm用の木製椅子にやっとお尻が慣れた頃にリハ終了〜。


そして本番。オケを聴く為に残ってくれたという高学年の児童、列席者ともに、普段
なかなか接することの
ないオーケストラの楽器やその音色に興味津々。聴く態度も◎でした。
またゲストの小林礼子さんの魅力的な歌声が体育館と皆さんの心に響いていました。
・・・え?オケ?うん、ちっちゃいミスはありましたがまずまず良かったと思います。

学校での演奏は平成16年の御幸中学校音楽教室以来なので4年ぶり。
地域密着型の川響としては定期演奏会以上にこういう機会を大事にしていきたいで
す。

【渡田小学校80周年記念式典 招待演奏】
曲目/「ペールギュント」組曲より(グリーグ)
   交響詩「フィンランディア」(シベリウス)
   渡田小学校 校歌
指揮/杉原直基
ソプラノ独唱/小林礼子
posted by admin at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月11日

速い!速い!はやいぃぃぃ〜!!


9日は杉原先生ご指導2回目。

ペールギュントと悲愴3.4楽章。

今回は速さに苦しめられました(他にも苦しめられましたけど)

「山の魔王の宮殿にて」のvivoではっ、速い!
魔王(指揮者)にお尻叩かれて追っかけられました。。。

「ペールギュントの帰郷」でまたまた速い〜!!
まさにオケは「あ〜れ〜(←オギさん風)」の難破船状態(笑)

そして悲愴の3楽章で極めつけ、はやいぃぃぃ〜!!
「も、もっと軽くいきましょうね」杉原さんの顔がひきつっていたような・・・

皆さんきちんと弾く(吹く)ことに一生懸命で本来のテンポをすっかり忘れて
いたような感じでした。
いっぱい宿題をいただきましたので次までに要練習です。

そして来週はついについに橘先生登場です!
posted by admin at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月08日

本日のアマデウス

今日の「名曲探偵アマデウス」はシベリウスのフィンランディア
ですよ〜!

BS2で午後11:00〜放映です。

実は「悲愴」の回の時のを録画したんですがまだ見ていません。

早く見なきゃ・・・(^^;)
posted by admin at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月06日

梅雨入り


すっかりごぶさたしてしまったぶろぐーです。すみません(汗)
ついに関東も梅雨入りですね。
昨年より20日近くも早いそうです。
あまり雨が長い時期続くのも困りますが、休日はお出かけせず
こもって練習という手がありますね。
もしやこの早い梅雨入りは川響の為?

2日には杉原先生が初登場されました。
お若くてはつらつとした印象の方でしたが練習が始まるとその雰囲気も
一転、冷静に的確な指示をじゃんじゃん飛ばしておりました。
なかなかのナイスガイですのでファンが増えそうです☆
そして杉原先生を一目見ようと・・・いやいや練習に参加しようと団員も
かなり集まりました。これから本番までこの勢いでお願いします(笑)
posted by admin at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記