2008年06月01日

明日はいよいよ

杉原先生がいらっしゃいます。

どんな先生か楽しみです。

いつもそうですが、新しい先生との顔合わせは緊張します。

そして明日も出席率が高いといいのですが。。。

最近のバイオリンは出席率すごいんですよ。皆さん仕事を何とか
調整して頑張っていらっしゃっているのがよくわかります。

もともと狭い練習場ですが、心地よい狭さになることを祈って。
(心地よい狭さってあるのか?!)
posted by admin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月26日

オーケストラの向こう側

フィラデルフィア管弦楽団の来日記念上映だそうです。
5月22日(木)には団員の舞台挨拶&ミニコンサートがあったんですって。行きたかっ
た・・・。
http://openers.jp/culture/cinema/cinema080517.html

「オーケストラの向こう側」はアメリカ5大名門オーケストラのひとつ、フィラデル
フィア管弦楽団
に所属する105人の演奏家たちの創造と日常を鮮やかに描き出すドキュメンタリー映
画。

・・・アメリカ5大オーケストラって・・・??

私が真っ先に浮かんだのは昔オザワさんがいたボストン、あと金管がギランギラン
(表現正しい?)の
シカゴ・・・粘って考えたらクリーヴランドが出てきました。
もうひとつが出てこない・・・うおお、と頭を抱えていたら一番メジャーなところを
忘れていました。
ニューヨーク・フィルが!

フィラデルフィア管弦楽団で思い出すのが「ファンタジア」
皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

映画はこの後、全国順次公開だそうです。
posted by admin at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月24日

運動会


小・中学校は運動会シーズンですね。
今日がお子さん・お孫さんの運動会だった、なんて方も多いのではないでしょうか。
運動会と言えば大切なのは音楽(本当か?)
運動会になくてはならない音楽って今でもありますよね。

・天国と地獄
・トランペット吹きの休日
・クシコス・ポスト
・剣の舞
・見よ、勇者は帰る(得賞歌とも呼ばれます)

体育的行事も実はクラシック音楽がないと盛り上がりも半減。
演奏していても思わず走り出したくなる人もいるのでは?(笑)
posted by admin at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月19日

通常総会

今日は練習後、19年度の通常総会が行われました。
19年度の活動報告、決算、20年度の活動計画、予算案、それぞれ承認されました。
他には交響楽祭の概要、友の会の現状などが話題になりました。
HPのリニューアルしたことやこのブログのことも宣伝しました〜!
皆さん早速見ていただけるといいなぁ・・・。

そして今日は背後からの写真を撮り忘れました。
熱気溢れる??総会の様子をお伝えできず残念・・・(笑)
団員の皆様、練習と総会と長時間お疲れ様でした!
posted by admin at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月12日

夢を現実に

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000150805080001

昨日の新聞で読みました。
韓国の方は本当に努力家が多いですよね。
そして子を思う親の心。頭がさがります。
この方の好きな言葉「夢を現実に」
いい言葉です。

17日にサンピアンかわさきで演奏があるそうです。
川響にはおなみじの労働会館です。
posted by admin at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月11日

チラシ


この土日、近所に交響楽祭のチラシを置いてもらったりお店に貼ってもらえないか
お願いをしに色々足を運びました。
最近はチェーン店を中心に色々ときまりが厳しいらしく貼ってもらえないですね
(泣)
個人商店を中心にいつもお世話になっているところをまわり、3カ所でOKをもらい
ました。
まだまだ日にちがあるので勤務先の近くでも頑張ってみようと思っています。
posted by admin at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月05日

強化練習

今日は幸市民館のホールで強化練習でした。団員の皆様、長い時間お疲れ様
でした。
低弦が少なかったのが残念でしたがヴァイオリンの参加率がとても高くて感動!
練習はというと・・・(>_<)
ハーモニートレーニングが様々な箇所でされましたが、音程に対しての感覚がま
だまだ甘いと痛感した練習でした。
小節毎に細かく分けた練習も正直しんどかったです(よね?)しかし楽譜どおりに
弾けていない、吹けていない部分がいかに多いか・・・。その時々の流れで何とな
く弾けた気・吹けた気になっている私達の、技術的にも精神的にも「曖昧」にして
いたところをオギさんに見透かされてましたねぇ。残念っっ!(古いなぁ・・・)
そういう曖昧なところをひとつひとつ地道につぶしていくしかないんですよね。

今日はまだまだ「自分の事だけで精一杯」な練習という印象でした。譜読みの段
階から抜け出してない人は共に頑張りましょう(ん?共に?)
あんまりのんびりしてる余裕がないんですよ。知ってました?数えてみたら本番
まで4ヶ月きってますよ〜。
さぁ、明日の連休最終日は自主練習でしめましょう♪
posted by admin at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月04日

連休後半

連休も後半ですね。天気がいまいちなのが悔しいですが・・・。
明日は強化練習です。皆様、準備は大丈夫ですか?連休中さらいましたか?
私は楽器を磨いて準備万端です(笑)
冗談さておき、平日練習の川響。いつもは徐々に人が集まってくるのですが明日は
きっと最初からみんな揃っている(はず)。
有意義な練習になりますように。
全然関係ないのですがN響アワーが終わった後に定期公演のインフォメーションにな
るんですがその時のBGMの曲名が思い出せません。どなたか教えて下さい。
posted by admin at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月02日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン


今日から6日までの5日間、東京国際フォーラムで「ラ・フォル・ジュルネ・オ・
ジャポン〜熱狂の日〜」が開催されます。
日本では今年で3回目、テーマは「シューベルトとウィーン」です。
ちなみに1回目はベートーベン、2回目はモーツァルト、3回目は民族のハーモニー
でした。
朝から晩まで公演スケジュールはみっちり。無料のコンサートや0才からのコンサー
トもあります。
シューベルトといえば歌曲王。今回はオケや室内楽に加えて歌曲も非常に多く演奏さ
れるようです。
連休にお時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

http://www.lfj.jp/lfj_2008/
posted by admin at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月27日

名曲探偵アマデウスがスゴイ

ここ数年”のだめ〜”などの影響でクラシック音楽に関心が高まっている
プロの演奏会などでは、聴衆のマナーなどいろいろと問題があったようだが
個人的には素晴らしいことだと思っています
とはいえ、テレビ番組といえばクラシックに関わる番組は意外にも少ない
思いつくのは、
「N響アワー」、「芸術劇場」(最近クラシック特集が少ない)
「題名のない音楽会」、「のだめカンタービレ」(年始のスペシャルだがあれクラシック番組か?)
などだが、今日紹介したいのは


名曲探偵アマデウス」NHK BSHi(金)19:00〜 再放送BS2(日)23:00〜

何がスゴイって、結構コミカルなんだけど奥深さとしては十分マニアうけします
今週の特集がチャイコの悲愴だったんですが、すごく楽しかった!
今までの番組内容は、ボレロやブラ4など興味深い曲且つ
一般的にもそれなりに知られている曲でした
まあ、どうのこうの言う前に見てくださいよ!
とはいえ、この再放送は27日23:00〜ですから

posted by admin at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月26日

川響へのお誘い・・・当団運営委員長より

当団は、弦楽器を中心に、団員を募集しています。私たちと一緒にオーケストラを楽しみませんか。
川響の練習日の基本は、月曜日の夜間です。月曜日の練習は、働く人には厳しい、という方もいます。でも、良い点もたくさんあります。
  1. 月曜日の朝、仕事に行くのが、つらくありません。 練習が楽しみとなって、「ブルーマンデー」が解消できます。
  2. 土日は家族のため、休養のためにゆっくり使えます。練習もできます。
  3. サービス残業と決別できます(と思います)。
雨の日、暑い日、雪の日にも、変わらずに駆けつけて来るメンバーの間には、自然に、ある共通の仲間の意識が芽生えてきます。一回の練習時間は、2時間と短いですが、半年たって迎える演奏会では、こうした毎週の積み重ねが、大きな充実感となって返ってきます。上手な市民オーケストラもたくさんありますが、わが川響には、ほんとうに音楽が好きな人たちの暖かさがあります。
あなたのご連絡を、団員一同、心からお待ちしています。
posted by admin at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記