2012年08月01日

川崎市民交響楽祭2012

9月2日エポックはかはらで行われるミューザ川崎市民交響楽祭2012に,川響が幹事オケで出演します。

プログラムは,ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」と,プッチーニ作曲・マノンレスコー間奏曲,バースタイン作曲・ウェストサイド物語からシンフォニックダンスです。
先日,幸市民館ホールで,リハーサルを行いました。
というのも・・・・・
シンフォニックダンスに使う打楽器管楽器は,ものすごい数です。ほんとうに舞台に載るのかどうか,確認する必要があったのです。ご覧のとおり,なんとか載りましたが,本番はもっと人数も多いので,ほんとうにギュウギュウでしょう。
その分,熱気あふれる演奏になるはずです。
 新世界も,こんな新鮮な曲だったかと思いつつ,練習に励んでいます。
マノンレスコーの間奏曲は,あまりおなじみではないかもしれませんが,数奇な人生を歩んだ運命の女性,といったドラマを感じさせる曲で,なぜか胸にこみ上げるものがあります。
IMG_1108.JPG
本番の日は,前半に新世界を演奏しますので,お目当てのお客様は,お間違えないようお越しください。
チケットは以下で取り扱っています。当日券もございますが,数に限りがあるため,予めお求めいただいた方が確実です。
   ミューザ川崎 044−520−0200
   チケットぴあ 0570−02−9999
ぴあのチケットは,お近くのセブンイレブン,サークルK・サンクスでも取り扱っています。Pコード168−843で検索できます。  

posted by admin at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2011年08月18日

じゃじゃじゃじゃーん

フルートのYです。


パート内で一番新入りの私ですが、早いもので入団から1年ちょっと経ちました。
まだ学生なので、社会人の方々のバイタリティに圧倒されつつも…
オケや社会の事、その他諸々(笑)…学ばせていただいています。


最近は、弦楽器と管楽器の分奏もあったりして、ベートーヴェンを詰めています。

フルートなので冒頭の「じゃじゃじゃじゃーん」は見ているだけなのですが、とても難しそう…。
最初の八分休符ひとつに、音にならない物凄いテンションがかかる感じというのでしょうか。
それをベートーヴェンは狙って書いたのでしょうから見事です。

吹いていない私たちにもその緊張感は伝わってきます。

そして3楽章から4楽章へかけてクレッシェンドして、パーっと開放される
感じは、聴いていても吹いていてもたまりません(笑)


今から本番が楽しみです。
posted by admin at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2011年07月18日

練習場も電力総量規制の影響が



福島原発の事故に伴う節電対応で、いつも利用させて頂いている中学校も

毎月第1週が休館となってしまいました。



7/4は急遽、鶴見区民文化センターリハーサル室を借りての練習となりました。

駅から近いため交通の便は良いのですが、譜面台等を運ぶ手間が大変です。



今までいつも同じ練習場所を使わせて頂いていたありがたみを改めて感じました。



でも、たまには違う場所での練習も気分転換には良いのかナ。
posted by admin at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2011年06月08日

ホルン祭り

今回は、Hornパートからの投稿です


本番1週間前の練習日。初の全曲通し。

途中で止まらないって、悔いも残るけど、集中力は続く。
さて、いよいよ本番。プログラムは、なんとホルン祭りだそうな。

(祭りってなによ?)

祭りとは。オイシくってしんどくって目立っちゃうってことナンデス。

困りましたね。
ほころびをごまかせません。

そんなんで最近練習の後、帰宅してからのバテ具合がハンパないし。
楽器っていくつくらい迄吹けるものなのかしら。
気力と体力と探求心が続く限り、かな。
posted by admin at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2009年04月17日

ハマりました。

シベリウスの1番は,初めて聞いたのが空腹のときだったからかレストラン

最初はしんどい曲にしか聞こえませんでした。
旋律がどんどん動いて行ってよく構造が見えないし,金管はうるさいし。
ときどき,聞いてみたりしてましたが,あんまり好きに慣れない有名曲の1つでした。

ところが,最近,先週,土曜日に,突然ハマりました。
それは,

「練習期間ももう半分すぎてるのに,まだ曲が頭に入っとらんなー,少し耳に慣れさせよう」
と思って,イヤホンステレオに入れて,聴いていた時のこと。
啓示というか,開眼というか,悟りというか,突然わかったのです。

みなさん,この曲は,いい曲ですよ!(知ってるって?) 
みずみずしく,清冽で,しかも情熱的。
これだけの音が重なっても決して本質は濁らない。
歌心に満ちたこの曲は,大空かける鴻鵠のごとく,雄々しく,気高く・・・・・。
 
なので,せっかくこの曲ができるので,みんなもっとさらってきましょう。 委員長

posted by admin at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2008年12月26日

今年最後の練習風景

IMG_1009_R.jpg12月22日で,今年の練習納めとなりました。今年も,盛りだくさんの一年でした。
4月13日に,第167回定期演奏会で、ハイドンの主題による変奏曲、交響曲第3番「英雄」などを演奏したのは,遠い昔のように思ってしまいます。
夏は,ミューザ川崎市民交響楽祭2008に参加して,熱い「悲愴」をやりました。
年が明けるとすぐに定期演奏会です。体調崩さないようにして,頑張りましょうね。
posted by admin at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2008年06月18日

橘先生登場!

16日は今回の演奏会で指揮をしてくださる橘直貴先生の初回練習でした
第一印象ですが、HPなどの写真と違いすぎる(筆者感想)
もちろん、良い意味でです(笑)
実際の先生はとても若々しく、指揮台にたっている姿からはオーラすら感じられるような・・・
もちろん、最初の音を出す前から極度の緊張感でした
(しかし気づいてみたら、フィンランディア冒頭の休符だった・・・)
その緊張感の中、先生の口から出るのはとても丁寧な指導なんですが
ボキャブラリーが非常に多いと感じました(またまた筆者感想)
ほかのパートへの指導内容さえも、勉強になります
こりゃあ、全練習一言一句聞き漏らさないようにしないともったいないとすら感じましたよ
初回の練習でこれほど尊敬に値する指揮者というのも、今回の演奏会を企画した関係者には
感謝感激でございます
さて、次回以降どのような展開になっていくのか?
また、最終的に今回の演奏会がどのようになっていくかは非常に楽しみになってきました!
posted by admin at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2008年04月29日

譜読みお疲れ様でした

IMG_0298_R.jpg昨日は譜読み3回目。オギさんの洒落のきいたメリハリのある練習で2時間はあっという間に過ぎていきました。

ある箇所の練習中「私は川響で合奏の指導をさせてもらえる事になりましたがやはり練習の50%、半分は弦楽器に注文が殺到しますね。

私は木管奏者なので木管に30%、金管に15%、打楽器はゴメンナサイ・・・5%。それだけ弦楽器は曲を作るのに重要なポジションなんですよね。」というお言葉が。

最近の弦楽器で注目?と言えばチェロ。だってパトリのTさん1人でいつも頑張っておられます。

管打楽器は基本的に1パート1人ですが、弦楽器が1人で弾くのは大変な苦労があると思います。Tさんは1987年入団。人望も厚く、チェロパートをまとめてくださっています。

昨日は途中から若手のMちゃんが来てくれて、2人で奮闘!

5月5日の強化練習はもう少し揃うといいなぁ。そして皆様、譜読みはもう終わりですよ〜(笑)

posted by admin at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景