2008年11月25日

渡田小学校80周年記念演奏

渡田小演奏11月22日(土)、川崎市立渡田小学校の80周年記念式典に招待され、わが川響
が演奏してきました。
川響は今年56歳ですが、渡田小はもっともっと先輩の80歳。すごいですね!
本番は1階の体育館ですがリハは3階の音楽室。打楽器はじめ大型楽器は移動に一苦
労。
そして身長120cm用の木製椅子にやっとお尻が慣れた頃にリハ終了〜。


そして本番。オケを聴く為に残ってくれたという高学年の児童、列席者ともに、普段
なかなか接することの
ないオーケストラの楽器やその音色に興味津々。聴く態度も◎でした。
またゲストの小林礼子さんの魅力的な歌声が体育館と皆さんの心に響いていました。
・・・え?オケ?うん、ちっちゃいミスはありましたがまずまず良かったと思います。

学校での演奏は平成16年の御幸中学校音楽教室以来なので4年ぶり。
地域密着型の川響としては定期演奏会以上にこういう機会を大事にしていきたいで
す。

【渡田小学校80周年記念式典 招待演奏】
曲目/「ペールギュント」組曲より(グリーグ)
   交響詩「フィンランディア」(シベリウス)
   渡田小学校 校歌
指揮/杉原直基
ソプラノ独唱/小林礼子
posted by admin at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月18日

橘先生登場!

16日は今回の演奏会で指揮をしてくださる橘直貴先生の初回練習でした
第一印象ですが、HPなどの写真と違いすぎる(筆者感想)
もちろん、良い意味でです(笑)
実際の先生はとても若々しく、指揮台にたっている姿からはオーラすら感じられるような・・・
もちろん、最初の音を出す前から極度の緊張感でした
(しかし気づいてみたら、フィンランディア冒頭の休符だった・・・)
その緊張感の中、先生の口から出るのはとても丁寧な指導なんですが
ボキャブラリーが非常に多いと感じました(またまた筆者感想)
ほかのパートへの指導内容さえも、勉強になります
こりゃあ、全練習一言一句聞き漏らさないようにしないともったいないとすら感じましたよ
初回の練習でこれほど尊敬に値する指揮者というのも、今回の演奏会を企画した関係者には
感謝感激でございます
さて、次回以降どのような展開になっていくのか?
また、最終的に今回の演奏会がどのようになっていくかは非常に楽しみになってきました!
posted by admin at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景

2008年06月11日

速い!速い!はやいぃぃぃ〜!!


9日は杉原先生ご指導2回目。

ペールギュントと悲愴3.4楽章。

今回は速さに苦しめられました(他にも苦しめられましたけど)

「山の魔王の宮殿にて」のvivoではっ、速い!
魔王(指揮者)にお尻叩かれて追っかけられました。。。

「ペールギュントの帰郷」でまたまた速い〜!!
まさにオケは「あ〜れ〜(←オギさん風)」の難破船状態(笑)

そして悲愴の3楽章で極めつけ、はやいぃぃぃ〜!!
「も、もっと軽くいきましょうね」杉原さんの顔がひきつっていたような・・・

皆さんきちんと弾く(吹く)ことに一生懸命で本来のテンポをすっかり忘れて
いたような感じでした。
いっぱい宿題をいただきましたので次までに要練習です。

そして来週はついについに橘先生登場です!
posted by admin at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月08日

本日のアマデウス

今日の「名曲探偵アマデウス」はシベリウスのフィンランディア
ですよ〜!

BS2で午後11:00〜放映です。

実は「悲愴」の回の時のを録画したんですがまだ見ていません。

早く見なきゃ・・・(^^;)
posted by admin at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月06日

梅雨入り


すっかりごぶさたしてしまったぶろぐーです。すみません(汗)
ついに関東も梅雨入りですね。
昨年より20日近くも早いそうです。
あまり雨が長い時期続くのも困りますが、休日はお出かけせず
こもって練習という手がありますね。
もしやこの早い梅雨入りは川響の為?

2日には杉原先生が初登場されました。
お若くてはつらつとした印象の方でしたが練習が始まるとその雰囲気も
一転、冷静に的確な指示をじゃんじゃん飛ばしておりました。
なかなかのナイスガイですのでファンが増えそうです☆
そして杉原先生を一目見ようと・・・いやいや練習に参加しようと団員も
かなり集まりました。これから本番までこの勢いでお願いします(笑)
posted by admin at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月01日

明日はいよいよ

杉原先生がいらっしゃいます。

どんな先生か楽しみです。

いつもそうですが、新しい先生との顔合わせは緊張します。

そして明日も出席率が高いといいのですが。。。

最近のバイオリンは出席率すごいんですよ。皆さん仕事を何とか
調整して頑張っていらっしゃっているのがよくわかります。

もともと狭い練習場ですが、心地よい狭さになることを祈って。
(心地よい狭さってあるのか?!)
posted by admin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月26日

オーケストラの向こう側

フィラデルフィア管弦楽団の来日記念上映だそうです。
5月22日(木)には団員の舞台挨拶&ミニコンサートがあったんですって。行きたかっ
た・・・。
http://openers.jp/culture/cinema/cinema080517.html

「オーケストラの向こう側」はアメリカ5大名門オーケストラのひとつ、フィラデル
フィア管弦楽団
に所属する105人の演奏家たちの創造と日常を鮮やかに描き出すドキュメンタリー映
画。

・・・アメリカ5大オーケストラって・・・??

私が真っ先に浮かんだのは昔オザワさんがいたボストン、あと金管がギランギラン
(表現正しい?)の
シカゴ・・・粘って考えたらクリーヴランドが出てきました。
もうひとつが出てこない・・・うおお、と頭を抱えていたら一番メジャーなところを
忘れていました。
ニューヨーク・フィルが!

フィラデルフィア管弦楽団で思い出すのが「ファンタジア」
皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

映画はこの後、全国順次公開だそうです。
posted by admin at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月24日

運動会


小・中学校は運動会シーズンですね。
今日がお子さん・お孫さんの運動会だった、なんて方も多いのではないでしょうか。
運動会と言えば大切なのは音楽(本当か?)
運動会になくてはならない音楽って今でもありますよね。

・天国と地獄
・トランペット吹きの休日
・クシコス・ポスト
・剣の舞
・見よ、勇者は帰る(得賞歌とも呼ばれます)

体育的行事も実はクラシック音楽がないと盛り上がりも半減。
演奏していても思わず走り出したくなる人もいるのでは?(笑)
posted by admin at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月19日

通常総会

今日は練習後、19年度の通常総会が行われました。
19年度の活動報告、決算、20年度の活動計画、予算案、それぞれ承認されました。
他には交響楽祭の概要、友の会の現状などが話題になりました。
HPのリニューアルしたことやこのブログのことも宣伝しました〜!
皆さん早速見ていただけるといいなぁ・・・。

そして今日は背後からの写真を撮り忘れました。
熱気溢れる??総会の様子をお伝えできず残念・・・(笑)
団員の皆様、練習と総会と長時間お疲れ様でした!
posted by admin at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月12日

夢を現実に

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000150805080001

昨日の新聞で読みました。
韓国の方は本当に努力家が多いですよね。
そして子を思う親の心。頭がさがります。
この方の好きな言葉「夢を現実に」
いい言葉です。

17日にサンピアンかわさきで演奏があるそうです。
川響にはおなみじの労働会館です。
posted by admin at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記